FX取引で重要なスプレッドに関する疑問を全て解説します!

FXを始めようとすると一番最初に目にする用語の1つがスプレッドですね。

日常生活で触れる事がなく馴染みのないスプレッドはFX取引初心者が取引を始める際大きな障壁の1つなのではないでしょうか。

そこで本サイトではFXトーレード初心者がスプレッドに関して気になることを徹底解説していきます。

そもそもスプレッドって何?

スプレッドとは簡単に言うと投資家がFX業者に支払う手数料です。

FX取引は各FX業者で行えますがもちろんタダでFX業者を使用することはできません。インターバンク市場と投資家を繋ぐ仲介業者であるFX業者にはスプレッドという手数料を支払う必要があるのです。

またスプレッドは「狭い」「広い」と表されます。スプレッドが狭いとは手数料が安いこと、スプレッドが広いというのは手数料が高いということです。

スプレットの単位

スプレッドはpips(ピプス)という単位で表されます。

円換算ですと1pipsは1銭(1銭は0.01円)。

例えばドル円の買値が100.05で売値が100.00の場合スプレッドは5pipsです。この場合1万通貨を購入しようとすると100万500円かかり、1万通貨を売ろうとすると100万円となります。

先ほどスプレッドは手数料だと申しましたが上の例ですと500円が手数料です。

スプレッドの単位に関して詳しくはこちら→FXスプレッド、どんな単位で表されてる?

スプレッドの変動

スプレッドは2種類あり、固定スプレッドと変動スプレッドがあり注意が必要です。

固定スプレッドは変化しませんが、変動スプレッドは常に価格が変化していきます。

スプレッドの変動に関して詳しくはこちら→スプレッドって時間帯によって変わるの?

FX業者によってスプレッドは違う?

スプレッドは業者ごとに異なります。もちろんスプレッドの狭い業者を選ぶのが一番いいです。

ただしスプレッドは下の図のように通貨ペアによって異なり各業者ごとに狭いスプレッドと広いスプレッドがあるので一概にここの業者が狭いと言うことはできません。

spread

そのため自分の取引したい通貨ペアが狭い業者を選ぶ必要があります。

業者ごとのスプレッドについて詳しくはこちら→スプレッド、海外FX業者比較しました!

海外FX業者と国内FX業者のスプレッド

一般的に海外FX業者のスプレッドは国内FX業者のスプレッドよりも広い傾向があります。

以下が海外FX業者で有名なXMと国内FX業者大手のDMM証券のスプレッド比較です。

  • XM ドル円(2.0pips) ユーロ円(2.7pips) ポンド円(4.0pips)
  • DMM証券 ドル円(0.3pips) ユーロ円(0.6pips) ポンド円(1.1pips)

比較すると明らかですが国内FX業者のスプレッドは海外FX業者よりもかなり狭くなっています。

海外FX業者と国内FX業者のスプレッドについて詳しくはこちら→海外FXと国内FX、スプレッド徹底比較

 海外FXには最少スプレッド0の口座がある?

先ほど海外FX業者はスプレッドが比較的広いと申しましたが、海外FXには最少スプレッドが0の口座も存在するのです。

業者ごとに名称は違うのですが一般的にゼロ口座と呼ばれています。

下の図はXMのゼロ口座のスプレッドです。

XMの企業サイトはこちら→https://www.xm.com/jp/

zeroaccount

スプレッドが0pips~なんて夢のようですが、この口座では取引ごとに手数料を支払う必要があります。ですのでスプレッド+手数料が他の口座よりも安い場合は使用するのがオススメです。

ゼロ口座について詳しくはこちら→FXでは夢のシステム、スプレッドゼロなんてあるの?

海外FX業者に興味をもった方は海外FX口座の巨匠というサイトが参考になると思います。

海外FX口座について、詳しく解説してるサイトです。上記のXMの他に海外FXの中で、スプレッドが狭いLANDFXについても触れています。

初心者は必ずしもスプレッドが狭い業者を選ぶのがいいのか?

スプレッドは手数料ですのでもちろん狭い業者を選ぶのはとてもいい選択です。

しかし初心者の方がFX業者を選ぶ際、大事になってくることはスプレッド以外にも以下のように存在します。

  • 顧客へのサポートは充実しているか
  • 最低入金額は自分の払える額なのか
  • 約定力が高いか

スプレッド以外にも上記のことをしっかり勉強し、FX取引をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です